読読 よんどく?

街の本屋さんを紹介するポータルサイトに関するあれこれ。

京都の本屋さん、ブックカフェは自転車でめぐりました。

f:id:merzbow1977:20170406010814j:plain

こんばんは。

2015年の7月末に本屋さんめぐりをスタートさえ、まずは大阪と京都を回りました。

 

京都に行くに際してちょっと迷ったのが、移動手段です。

お店が密集している地域は徒歩でいいんですけど、事前のピックアップによるとけっこう離れた場所にお店が点在していて、しかも地下鉄の駅から離れてたりもするから、これバスかな?とか思ったけど、バスは路線によっては本数があんましなかったりもするし、なかなか難しいところでした。

  •  レンタサイクルのママチャリで移動
    • 意外と快適(どんどん過酷になっていったけど)
    •  河原町をめざしたらなぜか四条大宮が出てきた
    • 恵文社とホホホ座をどうするか

 

続きを読む

簡単な自己紹介 | 大阪・京都・神戸・東京を中心とした街の本屋さんを紹介するサイト「読読 よんどく?」

yondoku.jp

こんばんは。

 

「読読 よんどく?」のサイトをやるようになってから、訪問させていただいた本屋さんはもとより、サイトのメールでご連絡いただいた方にお会いしいしたりする機会も何度かあったりしたのですが、その中であるときに、「どんな方がどういう風にやってるのかサイトからは全然見えてこなかったので、そこはけっこう気になりました」みたいなことを言われたことがありました。

 

結論からいうと、隠すとまではいいませんが、意図的にそこは公にしないようにしていました。

そんなたいした理由でもないのですが、ほとんど個人で運営しているようなもんだけど、あまり自分のことが前面に出るのが嫌だったからというのがその理由で。

 

しかしながら、大手がやる規模の大きなポータルだったらまだしも、小さい規模のものやブログとかをする場合は、そのつくり手や発信者の顔が見える方がユーザーにとっても愛着がわきやすいというか、少なくとも閉ざしているよりはオープンにした方がいいというのはよくわかっているのですが、なかかな性分というものは変えられないもんでして・・・。

といっても、多少は改善していきましょうということで、思い出したかのように簡単な自己紹介をさせていただきます。

f:id:merzbow1977:20170403235312j:plain

  • 簡単な自己紹介
    • 昔はお店から図書券が届くくらいジュンク堂のサイトを使ってました
    • 本屋さんは大好きというわけでもない?!
    • サイトをやって本屋さんの魅力を再発見
続きを読む

【オススメの野球本】甲子園のセンバツ(大阪桐蔭優勝)が終わって、プロ野球が開幕して、タイミング的に野球の話。

こんばんは。

 

昨日はセンバツの決勝で、履正社 vs 大阪桐蔭の大阪代表同士の一戦が行われ、一昨日からプロ野球も開幕しました。

 

というわけで、今日は野球に関する本の紹介です。

最初の2冊は数ヶ月前に一色文庫さん(大阪・上本町にある古書店)で100円で購入した本で、いずれも絶版本で書評的なことを書くニーズがあるのかなと思ったりもするのですが、ひとまず書いてみます。

続きを読む

本屋さんめぐりのルート選定が意外と大変。

yondoku.jp

 こんばんは。

「読読 よんどく?」立ち上げ前、どうやってお店探されたんですか?と何度か訊かれたことがありましたが、ネットが中心で、あとは雑誌とか、もともと知っていたお店とか。

 

で、本屋さんをめぐる際、たとえば「京都の河原町周辺」とか、「大阪のミナミ近郊」とか、ある程度本屋さんが密集している地域を特定し、その後、その界隈で他に本屋さんがないかを調べていました。

 

場所と営業時間・定休日を確認してルートを選定

お店をピックアップし終わると、営業時間と定休日の確認です。

位置的な情報と、営業時間・定休日をうまく組み合わせ、お店を回る順番を決めます。

 

たとえば、ある地域に6つのお店があったとして、来週の水曜が予定空いてるから回ってみようと思ったら、6軒中1軒がその日定休日だったりするとダメということになります。

 

f:id:merzbow1977:20170401001014j:plain

続きを読む

大阪の本屋さん訪問。ON THE BOOKS、柳々堂さん編。

こんにちは。

二日前にブログを再スタートした際に、下記のように書きました。

 

「読読 よんどく?」が出来るまでの話をここで書いていければと思います。

それとあわせて、現在進行形で訪れた本屋さんのお話や、イベントのお話なんかも適宜アップしていければと思います。

 

 で、昨日blackbird booksさんを訪問した記事をアップして、時系列がさっそくぐちゃぐちゃになりましたが、今日はまた立ち上げ時の話です。

(今後も時系列的にはあっちこっちいった感じなると思いますが、あまり気にせず更新していきますね)

 

記録を見てみると、2015年の7月末に本屋さんの訪問を始めています。

最初はやっぱ家の近所からということで、大阪市内の本屋さんを自転車で回りました。

 

  • アートブックに強いON THE BOOKS
  • 建築関連書籍はおまかせ、柳々堂
続きを読む

緑地公園にあるblackbird books(ブラックバードブックス)さんへ | 大阪・本屋さん

こんにちは。

今日は緑地公園にあるblackbird books さんに取材・撮影に行ってました。

f:id:merzbow1977:20170329191458j:plain

 

blackbird books さんへ

blackbird booksさん は「読読 よんどく?」立ち上げ時からピックアップしていたお店でしが、当時は手が回らず、今日にいたるまでおうかがいできていませんでした。

(そういうお店がたくさんあるのですが、基本的に一人で回っているので、まあしょうがないと割り切っております)

 

1か月ちょっと前に「当店も参加させて頂けますでしょうか?」とblackbird booksさんからご連絡いただき、その時期は仕事が忙しかったので、落ち着いたら一度おうかがいさせていただきますということになって、本日ご訪問させていただいた感じでした。

 

ありがたいことに、今回のケースのように、最近はお店の方からサイトにお問い合わせいただくケースも定期的に発生するようになりました。

北海道とか沖縄とか、遠方の場合はさすがにそのつど訪問はできないので、画像などをご提供いただき、ひとまずサイトにアップだけさせていただいているんですけど、関西圏など比較的近いところだと、仕事が落ち着いたときに撮影にうかがうようにしています。

(各地に協力スタッフの方がいて、そのつど地域の本屋さんの取材などをフォローしていただければとか妄想しますが、現状は一人なのでなかなか全件フォローするのはおぼつかない感じです)

 

店主の吉川さんはとても穏やかな雰囲気をお持ちの方で、和んだ感じでいろいろとお話することができました。

お店の詳細については、近日中にサイトにアップさせていただければと思っています。

f:id:merzbow1977:20170329191615j:plain

 

 他人の空似

余談ですが、先日スタンダードブックストアで 「本屋トーク 辻山良雄(Title)×大井実(ブックスキューブリック)」というイベントが開催されました。

読読 「本屋トーク 辻山良雄(Title)×大井実(ブックスキューブリック)」at スタンダードブックストア心斎橋 よんどく

 

終了後の懇親会で、お友だちになった方とお話している際にブラックバードブックスさんのお名前が出て、「今度に取材におうかがいするんですよ」ってぼくがいったら、「そういえば、今日ブラックバードブックスさんも来られてましたよ」と教えていただきました。

それだったらご挨拶しときましょっかとなって、どの方ですかと訊ねると、「あの方です」をメガネをかけられた男性の方に視線を送られていましたが、「確かあの方で間違いないと思います」とちょっと自信なさげな感じに。

 

そこへ、おなじテーブルにいらっしゃった某新聞社の女性記者さんが「私も以前ブラックバードブックスさんに取材でお邪魔しましたよ」とおっしゃったので、彼女にも確認をとっていただくと、「そうです、そうです」となったので、安心して三人でご挨拶にうかがいました。

 

そしたら、全然別の人だったというオチだったんですけど、一人ならまだしも、二人も間違うってどんだけ似てるねんと思って今日ちょっと楽しみにしてたんですけど、確かにちょっと雰囲気は似てるかも、でもやっぱ違うみたいな感じでした。

というか、その前の方のお顔もおぼろげな感じで^^;

 

ホワイトアルバムが一番好きだったりします

メールでやりとりさせていただいたときに少しおうかがいしたのですが、blackbird booksの由来はやっぱりビートルズの楽曲からでした。

 

 高校生のときに出会って以来ビートルズは大好きで、以前は公式のファンクラブにも入ってたくらいだったんで(一時期はビートルズグッズに毎月何万もつかってました)、何がってこともないんですけど、ちょっとうれしかったです。

 

ぼくは ポール派じゃなく、ジョン派ですが。

www.youtube.com

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

まずは大阪、京都、神戸の本屋さんを回るところから。目標は100店舗

 

yondoku.jp

街の本屋さんを紹介するポータルサイト「読読 よんどく?」を立ち上げる際にあったあれこれ、それを紹介するブログを再開しようと思って昨日「はてなブログ」をリスタートしました。

 

別のとこ(読読サイト内)でその話を書いていたりもしたので、どこから始めたらいいのか微妙なとこですが、とりあえず参加いただく店舗を集めるために、本屋さんを回ったときのところから始めてみようかと思います。

 

基本的にはアポなし、飛び込みで

本屋さんを巡る順番は、時間的なロスがないように、お店のある場所はもちろん、定休日や営業時間を加味しながら、極力一日でたくさん回れるようにあらかじめ準備ました。

 

事前にお店へのアポは取りませんでした。

「フリーのライターをしているものなんですけど、今度本屋さんを紹介するポータルサイトを立ち上げようと思ってまして」みたいな感じで電話とかしても、けっこうな確立で怪しまれるかなと思ったことが一点。

これが大手代理店なんかの名前が出せるんだったら、むしろきちんとアポを取ってって感じだけど、そうではなかったので直接行くことにしました。

 

もう一点は、仮にアポを取れたとしても、行く先々での滞在時間がまちまちで、正確な訪問時間が読めないってことも理由になりました(お店同士の距離がそれなりに離れているところが多かったので、約束した時間にきちんと行けるかどうかもわからない感じでしたので。お店によっては、すごく話が長くなったりもしましたし)。

 

というわけで、一部のお店を除き、基本的には突撃する感じでお店を回りました。

 立ち上げ時の目標は、ひとまず100店舗集めることです。

 

f:id:merzbow1977:20170328230724p:plain

 ▲説明する際の資料として持ち歩いていたデザインラフ(一部)

 

デザインラフだけ持って本屋さん巡り 

営業活動自体は大変でしたが、そこそこ自信があったというか、お店に足を運んでお話をすれば、けっこう納得いただけるんではないかと思っていました。

 

実際に、お話を聞いていただいたほとんどのお店の方に参加いただくことができたんですけど、今から考えるとなかなか無茶したなと思います。

当時はサイトができる前なので、「こんな感じです」と具体的にその画面などをお見せすることはできず、デザインラフだけを持って訪問し、説明させてもらっていました。

 

結果的に、サイト立ち上げ時に約100店舗に参加いただき、一応目標通りいったわけですが、ほんと今から思うとあんなんでよくみなさんOKしてくださったなと思います。

 

もちろん、こちらとしては言ったことは必ず実行しようと思っていたというか、やるつもりでいましたが、本屋さんからしたらどこの馬の骨かわからんやつが来て、デザインラフだけもってきて説明し、ポータルサイトをやろうとしているとかいうわけです。

 

まずその中身に賛同できるかどうかってのがあって、仮に賛同したとして、こいつがほんとにそれを実行するのかって疑問もあるでしょう。

お金はいっさいからんでいなかったので、仮に全部実現しなかったとしても本屋さんに直接的なダメージはないと思いますが、そうかといって、初対面のあやしいやつのことをいきなり全面的に信用するのは、そこそこハードルが高いと思います。

 

参加をOKしてくださった本屋さんの中には、「お金はかからんみたいだし、実際にこいつがどんなもん作るのかわからんけど、しょぼかったり、これはないわみたいな感じやったら、そのとき断ったらええか。そもそも実現するかどうかわからんしね」みたいに思った人も少なくなかったのではと思います。

これは嫌味でいうんじゃなく、そう思って普通というか、ぼくが逆の立場だったら、無碍(むげ)に断ることはしないと思いますが、それくらいのことは思ったと思います。

 

まあ、そんな感じだったんで、今から振り返ると無茶したなって感じなんですけど、その訪問させていただいた先々では、いろんな本屋さんとの出会いや出来事があって、そのあたりのことを次回以降に書いていければなと思います。

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ニューバランスの1400とUS574

今週のお題「お気に入りのスニーカー」

昨日ブログを再開したので、記念に「今週のお題」も書いてみます。

 

近年、もっともよく履いているスニーカーはニューバランス

いろんなモデルを履いていますが、個人的にもっとも履き心地がいいと思ったのは1400です。

 

 年々定価が上がっていっているような気がするけど(僕が買ったときで、2万~2万2千円くらいだった)、名品であることは間違いないと思います。

 

420、576、996、1300、1500など、いろんなモデルを履いたけど、クッション性がすごくいい感じで、ほんと履き心地でいうと一番で、スウェードの質感もいいですね。

 

というわけで、ちょっと値段は高いけど、ニューバランスでどれか一足ということであれば、迷わず1400がおススメです。

f:id:merzbow1977:20170327152151j:plain

ニューバランス1400

 

カスタマイズされたオリジナルの一足

ニューバランスでもう一足よく履いているのが、US574です。

 これはニューヨークで仕事をしている高校時代の友人に会いにいったときに買い求めたもの。

 

マンハッタンにあるニューバランスショップに行くと、ガラス張りになった工房があり、なんでも職人さんがオリジナルの一足をカスタマイズしてくれるサービスがあるようで。

基本となるのはUS574で、設置されたPCを操作しながら、各パーツの配色を組み合わせることができます。

 

わー、なんか楽しそう、ということで友だちとあれこれやってたんですが、せっかくだし記念に一足買って帰ろうかなと思いました。

近くにいたスタッフに聞いてみると、「今日はもう職人が帰ったから、オーダーは明日以降にしてくれ」とのこと。

 

確かに、お店を訪れたのは夕方近くで、声をかけたスタッフ自体も、俺17時上がりだからみたいな空気を出しているのでした。

ただ、明日以降にまた来るのも面倒だし、まあしゃあないかと思っていると、ガラス張りの工房の前に一足展示されています。

 

なかなかいい感じの配色で、「この展示品って何センチ? 試着可能ですか?」って訊ねたら、US10=28cmで、サイズもぴったし!(27.5か28をいつも履いています)

 

履いてみると、これがまたいい感じで、「ちなみにこれって買えるんですか?」と訊くと、「これは展示品だから、少しディスカウントしとくよ」といって、確か15%か20%くらいオフにしてくれたと思います。

というわけで、それを買いました。

f:id:merzbow1977:20170327152210j:plain

 

f:id:merzbow1977:20170327152233j:plain

かかと部分には「NYC」の文字

 

ちなみに、これは言わないと気づかれないと思いますが、右足のアッパーの部分が少し汚れています(まあ、全体的に汚れているといえば汚れているですが)。

 

実は先月、京都のメトロに向かっている最中に流血騒ぎになってしまって、その痕跡です・・・。

よろしければ、詳細については下記をご覧ください。

nice-choice.net

愛用しているスニーカーはまだたくさんあるので、余力があればまた書きますね。

 

 

 

 

 

 

「読読 よんどく?」が出来るまでの話(はてなブログ再開)

おひさしぶりです。約1年半ぶりの更新

こんにちは。

 

もう2年ほど前の話になりますが、「読読 よんどく?」という街の本屋さんを紹介するポータルサイトを立ち上げようと画策し、その立ち上げまでの顛末を記そうと始めたのがこのブログでした。

 

で、途中でめちゃくちゃ忙しくなって投げ出してしまったわけですが、一応サイトは2015年12月にオープンさせることができました。

-本と本屋さんに出会える場所- 読読 よんどく?

 

再開した理由

サイト内でコラムコンテンツというのを始めたのが昨年(2016年)の夏のことで、そこでサイトができるまでのお話を定期的に発信してきました。

http://yondoku.jp/?a=contentslist&cid=166

 

ただ、思うところがあって、サイトとは別のところで記事を書こうと考え、今年に入って実験的にWordPressでブログをスタートさせました。

心の揺れをしずめるために静かな顔をするんだ

 

こちらで、本のこと、音楽のこと、スポーツのことを中心にいろんな記事を発信していこうと思い、実際にそんな感じでやっているのですが、やってみてちょっと思ったのが、もうちょっと記事の内容を棲み分けた方がいいかなってことでした。

 

WordPressで、特にアフィリエイトを意識するのであれば特化型の方がいいのはわかっていたのですが、そこまでがっつりアフィリエイトに重点を置いていたわけではないので、ひとまず「ざっくばらんにあれもこれも書く」というスタイルでいくことは最初から決めていました。

 

ただ、そういは言うても、多少の棲み分けはいるでしょとか思うようになって、「サイトの立ち上げまでの話」なんかは別のところで書いた方がいいななんてことを考え、思い立ったのが「はてなブログ」でした。

 

てか、ほんとは一から登録し直してスタートしようと思っていたのですが、面倒だったのでもともとあったのを引き継ぐカタチでスタートしました。

ずぼらですみません。

(以前の記事を消せば、新スタートみたいになりそうですしね)

 

 「読読 よんどく?」が出来るまでの話

というわけで、「読読 よんどく?」が出来るまでの話をここで書いていければと思います。

それとあわせて、現在進行形で訪れた本屋さんのお話や、イベントのお話なんかも適宜アップしていければと思います。

(なので時系列はぐちゃぐちゃになるかもですが)

 

毎日とはいかなくとも、極力更新の頻度は上げていければと思っています。

とはいっても、仕事をしながらサイトの更新作業やなんやかんやもいろいろあるので、更新がとどこっていることがあれば、そういうことなんだなとご理解いただければ幸いです。

(特に仕事の繁忙期はきびしくなると思います)

 

 

 

撮影予定日が全部雨予報だった。

こんばんは。

 

忘備録的に東京でのことを書こうと思うのですが、

いろいろやらないところが山積状態で

なかなか手が回りません。

 

いつになったら落ち着くのかわかりませんが、

また頃合を見て書かせていただきますので。

 

f:id:merzbow1977:20150904011529j:plain

※ 東京のある本屋さんのシャッターです(閉まってて入れませんでした)