読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読読 よんどく?

街の本屋さんを紹介するポータルサイトに関するあれこれ。

アフィリエイトの仕組みを考えるも・・・


スポンサードリンク

http://merzbow1977.hatenablog.com/entry/2015/07/22/233007

ここで書いたけど、街の小さな本屋さんには在庫の問題があるので、

セット売りが難しいといという課題について。

 

話を伺ったときにその場で思いついたのが、

販売は大手書籍販売サイトに全部誘導し、

各書店にはセットのセレクトだけしていただき、

アフィリエイト料を払うという仕組み。

 

これだとユーザーは即時決済できる上に送料もかかならい、

大手書籍販売サイトは一定数の売上げが見込める、

各書店は自身の個性(セレクト力)を発信しつつ、

アフィリエイト料が入る、

という感じで一応みんな得をする。

 

けど、セレクトするお店からすればアフィリエイトより

自分のところで販売した方が当然売上げ的に大きいから、

そっちの方がいいに決まってるし、

モチベーションも上がるだろう。

 

けど、在庫の問題があるし・・・。

 

ジュンク堂にかけあってみる

まあ、一人で堂々めぐりしててもしょうがないので、

仮にサイト内での販売を大手サイトに振れるのか、

すなわち提携できるのかどうかを確かめてみようと、

ジュンク堂にかけあってみた。

 

その道中にはいろいろあったけど、結論だけ書くと

同社のインターネット事業を担う、

創業者2代目をよかったら紹介するといっていただけました。

 

しかし、その時の話にも出たけど、「amazonがうちになるだけで、

街の本屋さんからしたら結局同じなのでは」という意見もあり、

結局サイトでは本の販売はしないことにし、

「予約」機能だけにしようかという方向性になる。